-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2008-01-03 Thu 17:29  

清澄庭園・六和囃子響美会獅子舞

                  
今日は自宅からバスで10分ほどのところにある、清澄庭園へ行ってきました。
清澄庭園は、紀伊国屋文左右衛門の別邸でしたが、その後三菱の創始者岩崎弥太郎が買取り、深川親睦園として利用しました。
関東大震災中は近隣の人々の避難場所となり、震災後は東京市が修復を行い、昭和54年に東京都の名勝に指定されています。

080103kiyosumi1


本当に今日はいい天気でした。
が、今日のお目当ては庭園見学ではなく、獅子舞なのです。
せっかくの正月だし、縁起ものの獅子舞を見なくちゃねとインターネットでいろいろ調べてみたところ、ここ清澄庭園で2日と3日に獅子舞が舞われると知って来たのでした。

獅子舞の披露は午後3時からとなっていて、場所は庭園の一番奥のようです。舞うのは「六和囃子響美会」という団体。ちなみにこの方たち、全員女性だそうで、女性の舞う獅子舞がどのようになるのか楽しみです。ちなみにこの方たちのホームページも見つけました。

・響美会  http://www.otomikai.com/

さて、いよいよ獅子舞が始まりました!

080103kiyosumi2


へぇ~、なんか新鮮。どことなくやわらかな雰囲気のある御囃子に乗って獅子舞が現れました。

      080103kiyosumi3


首の振りなどちょっと柔らかすぎてメリハリがちょっと足りないかなぁと思ったけど、なかなかに雅な感じです。
実は全然知らなかったんですが、今日これをみて初めてストーリーがあることに気付きました。

1.獅子が現れ四苦八苦したあげくにみかんを食べて、寝入ってしまう。

080103kiyosumi4


2.そこへひょっとこが現れ獅子にちょっかいを出します。

080103kiyosumi5

080103kiyosumi6


3.目を覚ました獅子がひょっとこを追いかけ回してお話は終わり。

      080103kiyosumi7


ストーリーで見ると面白いです。
お話はここまでで、ここからは皆さんの健康を祈願して獅子が頭にかぶりつく。恒例の縁起かつぎが行われます。

080103kiyosumi8


そして最後は・・・

080103kiyosumi9


獅子舞の歴史を辿れば、古くは1300年以上前の聖徳太子の頃までさかのぼります。かつては神事として執り行われていましたが、江戸時代には大衆の正月にとって無くてはならないものになっていたそうです。
こういう日本の伝統文化を若い世代の人たちが継承していっているのを見て、ちょっと安心しました。まだまだ日本の伝統文化も健在ですね。

帰りに深川を現代美術館方面に向かっててくてく歩いていくと正月早々かぶりものをした店頭のおじさんが・・・。

080103kyosumi10


どうもかぶりものを見たせいか、かぶりものにどうしても目が行ってしまう・・・。

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。