-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007-03-10 Sat 23:50  

"TOKYO"マグナムが撮った東京展@都写美

                  
最近都写美で写真展があると、その初日に観に行くのが段々定番化してきた。おかげでその初日はワークショップが重なり、友の会の更新した際にいただいたコーヒー無料券が、ワークショップの開催場所が重なってしまって使えないでいる。今月末までなんだがなぁ・・。

さて、あのマグナムのメンバーによる、1950年代から現在までの東京を収めた写真を発表する写真展と聞いて、以前から楽しみにしていた。

"TOKYO"マグナムが撮った東京

入ってまず目に入ってきたのはワーナー・ビショフの写真。70年も前に撮影されたとは思えないほど、新鮮に目に映った。街を歩く人々の様子が生き生きと描かれている。

1950年代から次々と時代が織り成されていく、それに従って写真に写る人々の様子もちょっとずつ変わっていく、そんな気がした。
1970年代のところで子供たちの七五三の様子があった。ん?1974年?
僕が生まれた年だ。俺ってこんな格好してたっけ?

撮影者で見ていくと、誰でも知っているようなビッグネームの写真がいくつもある。エリオット・アーウィット、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ウェイン・ミラー・・・・。

日本人、とりわけ東京人も同じものを見つめているはずなのに、彼らの撮った写真は普段我々が何気なく見ているものを非常に魅力的に写し出している。

最近、改めてドキュメンタリーやスナップに興味を持ち始めた。
写真の持つ一瞬性を遺憾なく生かされるこのジャンルは、何気ないようで非常に難しい。
パッと見たときに「あ、これいい!」と思ってもカメラを構える間、シャッターを切る間にその瞬間は確実に過ぎ去ってしまう。
その場の空気を読んで、空気と一体になった時に初めてシャッターを切れる。

次に自分がこういう風景に出会った時、自分はシャッターを切れるのだろうか?
おそらくそのまま見逃してしまいそうだ・・・。

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。