-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007-02-03 Sat 23:42  

「新規コレクション展」@都写美

                  
今日から都写美の2003年度・2005年度購入・寄贈作品の一般公開となる新規コレクション展「ようこそ。写真美術館へ!」が始まったのでさっそく見に行った。

東京都写真美術館「ようこそ。写真美術館へ!」

友の会にも入っているが、今回は観覧料は無料となっていた。
今回の中で自分的に非常に気になったのは、ワイナーのバス・ボイコット運動の写真とブルース・デヴィッドソンの南部の公民権運動を撮影したものだった。
アメリカがもっとも揺れていた時代。その運動を捉えていたまなざしがどうしても気になってしまった。
目の前の現実、その瞬間をただ克明に写し取っていく。写真の持つ記録性というものをまざまざと見せ付けられたような気がした。
デヴィッドソンのキング牧師の行進のシーンの、静かだが確信に満ちた歩みを写したものや、ワイナーのボイコット運動で道を行列して歩くシーンなどはその瞬間しかありえない感動だったと思う。

国内の写真では山内道雄の「TOKYO、東京」のシリーズが、僕の少年時代と重なり、自分の記憶を辿りながら見させてもらった。
ちょっと粗野な、でも情熱を感じる顔のアップなどは真に迫ってきた。

1999年に購入予算がゼロとなり、2003年に写真映像文化支援協議会の支援によって購入が再開されるまでの失われた4年間が惜しまれてならない。
この4年間に海外に流出した国内作家の写真も数多くあったのはないだろうか?下岡蓮杖の再流出を防ぐという目的から始まった写真映像文化支援協議会の支援が、結果として戸の作品購入予算復活につながっていたのだと思う。

写真展にいくといつも刺激を受ける。
この心地よい刺激をこれからも味わいたいと思う。

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。