-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010-10-24 Sun 23:58  

秋の初めの大山 ~その2~

                  
山頂で1時間ほどを過ごし、のんびりしたところで出発。
前回は下社を経由してそそくさと下りたが、今回は少し余裕があるのでヤビツ山荘を経由して下山することにした。

【low】101024_103

こうして見ると、山もすこしずつだが紅葉しはじめている。この気温だとあと1週間くらいで本格的な紅葉シーズンを迎えるだろう。

【low】101024_105

ヤビツ山荘を経由するコースは坂道が急。途中でクサリ場もあったりする。

【low】101024_109

また途中で休めるような場所が少なく、常に下り坂が続いている。膝への負担が大きい。

【low】101024_113

下り始めて約1時間くらいでヤビツ山荘に到着。
こうしてみるとただの廃屋のようにも見える。

【low】101024_121

ここで車道に出て、バスで下山という道もあったのだが、ここは敢えてそのまま山道を進むことに。
ここから先はそんなに道のアップダウンはないのだが、道の脇には「崩落危険」と書かれた看板があったりして、別の意味で慎重に進む。

【low】101024_127

崩落に敏感になりながら進むと上の方から「ガサガサッ」という音が。崩落か?!と思ってびっくりして上を見るとなんと、野生のシカが。
あまりに突然だったので写真を撮る暇もなく、シカはそのまま急な斜面を軽々と上がっていってしまった。

ヤビツ山荘からゴールとなる蓑毛バス停までは30分ほど。
最後には山の底をながれるきれいな川を越えていく。

【low】101024_137

【low】101024_143

今までは「登ったことがない山」を次々と登ってきたが、こうして違う季節に同じ山を登るのもなかなかいいものだ。山はいつでも表情を変える。これもトレッキングのだいご味の一つなのかもしれない。

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。