-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010-08-22 Sun 23:59  

至仏山登山 ~その1~

                  
さて、2日目は鳩待峠バス停近くの登山口から至仏山を登り、ふたたび鳩待峠に戻ってくることにした。

宿を7時40分に出て、7時50分発の鳩待峠行きの乗り合いバスに乗る。
8時20分くらいに鳩待峠に無事到着。
時間もあまりないことだし、早速登山開始!

low100822_003.jpg

この至仏山、登山口から登る際には午前9時までに入り口をくぐる必要があるとのこと。
時間に余裕をみていたけどリミットまであと30分だった。

今日の尾瀬は暑い。これほどの高地でさえこの暑さなのだから、東京ではどうなっているのだろうか?
すでに先発で幾組かのグループと出会った。昨日の尾瀬ヶ原で見たようないわゆる「山ガール」なる女の子集団はほとんど見かけず、中高年のグループが目についた。やはり山ガールの場合、本格的に山を登るというよりも「ゆる登山」が多いのだろう。

       low100822_007.jpg

昨日の尾瀬ヶ原のように、途中から木道となっている。これも自然環境保護の一環なのだろう。大切な自然を踏みつけることもないので安心できる。だが、土の上を歩くのと違って足へのダメージは木とは言え大きそうだ。

       low100822_008.jpg

それにしても天気がいい。
ピラミッド型の笠ヶ岳の姿がはっきり見える。ここから見る笠ヶ岳は本当に不思議だ。自然が作り出したとはいえ、なぜにあんなにきれいな三角形をしているのだろうか?オカルト好きの人であればいろいろな想像をされるのであろうが、僕たちは純粋に風景を楽しむことにした。

low100822_019.jpg

そんなに急ではない、なだらかな道を進んでいくと、景色がだんだんと開けてきた。この辺りが1867m地点の小ピークであろうか?今まで1000m前後の山ばかりを登ってきた身にとってはある意味初体験。空がこんなにも近いとは思わなかった。

low100822_023.jpg

天気もよく、景色も絶好だ。
風も心なしか涼しく感じる。こうして30分ほど歩くと小湿原地帯に出た。
なんだか山の中に尾瀬ヶ原の湿原が引っ越してきたような感じ。なんとも不思議だ。

       low100822_028.jpg

low100822_029.jpg

low100822_030.jpg

(その2につづく)

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。