-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010-08-21 Sat 23:59  

夏の終わりの尾瀬ヶ原 ~その1~

                  
8月20日の夜に夜行バスで新宿を発ち、尾瀬へと向かった。
今回の目的は尾瀬の大湿原と至仏山の登頂だ。
世間の人よりも少し遅れて夏休みを取って、夜行バスを使う宿泊つきのチケットを買った。

新宿を出たのが22時30分。そこから2回ほどサービスエリアで休憩し、朝の5時すぎに鳩待峠に到着。
早朝だというのに鳩待峠休憩所は登山客でにぎわっていた。
ちょうど夜も明けたところでまだ肌寒い。

【low】100821_002

ふと山のほうを見てみると、山肌が朝日に当たって紅く輝いていた。
やっぱり朝は空気が澄んでいて遠くまで良く見える。

【low】100821_001

今回のコースは下の写真の通り。
いつもならマップを作成するところだが、今回は通れる道が木道のみで迷いようが無かったので案内図のままに行動した。

【low】100821_005

鳩待峠→山の鼻→牛首分岐→竜宮→ヨッピ吊橋→牛首分岐→山の鼻→鳩待峠

初めての尾瀬なので、もっとも定番とも言えるコースを選択した。
まずは鳩待峠を出発して山の鼻を目指す。だいたい1時間も歩けば着きそうだ。

       【low】100821_012

自然保護のため、木道を通ることが基本となる。山の鼻まではあまり湿原らしさは感じず、山の中を通る感じとなるが、その自然の多さには圧倒される。

【low】100821_029

       【low】100821_014

また、時折木々の間から現れる山々の風景には思わず心を奪われてしまう。

【low】100821_013

【low】100821_021

1時間ほど歩いて予定通り山の鼻に到着。さて、ここからが尾瀬の醍醐味を味わえるポイントだ。

(その2につづく)

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。