-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010-08-08 Sun 23:56  

養老渓谷川沿い歩き ~その4~

                  
中瀬遊歩道は弘文洞跡を抱える自然豊かな遊歩道だ。道も整っていて、家族連れで行くにはいいのかもしれない。

       【low】100808_055

【low】100808_056

入り口から10分ほど歩くと弘文洞跡に出る。看板がそこに弘文洞があったことを示してくれるが、なにもなければそのままスルーしそうだ。
でも、看板の先を見ると、ここがかつて関東有数の景勝地であったことが伺える。また、崩れた岩盤がなんとも痛々しい。

       【low】100808_060

20分ほどで自然豊かな遊歩道は終わり、いきなりバーベキュー場に出た。
ここまで来ると人の気配が多く、自然豊かと素直に言えないが、こんな中で食事をするのも自然と親しむことのひとつなのかもしれない。

【low】100808_070

この人ごみを抜けると自然道は終わり、再び舗装道に出た。出世祈願の「観音橋・出世観音」がすぐ近くにあった。この「出世観音」、考えれば考えるほど奇妙な名前だ。
観音様って神様の一族なのに、なぜに世俗的な「出世」なんて名前がついているのだろう?
「人の欲望の数だけ神様がいる」ということなのだろうか?そんなに都合のいい神様が本当にいるなら、この世の中に苦労する人はいないだろうに。

【low】100808_073

道を歩いてふと横を見ると、穂をつけた稲が、水を抜かれた水田にいっぱいに実っていた。

【low】100808_076

こういうところに神様がいるって言われると信じたくなりそう。
人間は自然を利用するだけで、自然そのものを生み出すことはできないから。

夕方4時過ぎ。
ようやく小湊鉄道の踏み切りまでたどりついた。
線路に反射する空の色が、線路をセンチメンタルな色に染めている。

       【low】100808_077

線路脇にある「山の神社」でおまいりをして今回の山さんぽは終わり。
今日も楽しかったなぁ・・・。

       【low】100808_080


・・・と思っていたが、この後に大どんでん返しが・・・。

(番外編につづく)

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。