-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010-08-08 Sun 23:57  

養老渓谷川沿い歩き ~その3~

                  
さすがにのどが渇いたな・・・。
でも水は持ってる。今ほしいのは冷たくてしゃりしゃりしたもの・・・。
大通りまで行けばコンビニの1件くらいはあるだろうと思って歩いていた。
だが大通りに出た途端、その希望は打ち砕かれた。何もないのだ。

【low】100808_043

がっかりしながらもとにかく歩かなきゃと歩くとこの大通りからちょっと入ったところにコンビニではないが商店を発見!
アイスも売ってる!!

【low】100808_044

ここは夏の定番「ガリガリ君」をチョイス。お店の前のベンチでガリガリ君をかじりながらしばしの休憩。

【low】100808_045

汗もひっこんだところで再び出発。
今度はもう目的地まで近いことも分かっていたので、辺りを見回す余裕もあった。
弘文洞跡へ行く道の手前には確か宿屋が・・・。
あった!

【low】100808_048

反対側から歩いてきていた家族連れも同じ方向に向かっていく。
向かった先にあったのは、なんだか薄暗く、薄気味悪いトンネルだった。

       【low】100808_049

さらにその先にはさらに薄暗く、中の明かりも気持ち悪さを倍増させたようなもうひとつのトンネルが。
でもなんだかこっちは教会の中のようで、見ようによってはきれいにも感じる。

       【low】100808_050

この先にはどんな光景があるんだろう?
ちょっとドキドキしながらトンネルを抜けると、あっけないほどに普通の風景があった。
ここは川端康成の小説のようにはいかないところだ。現実はそれほど甘くはなかった。

【low】100808_051

気を取り直して弘文洞跡に向かう。
看板も出ていて分かりやすい。

【low】100808_054

ここから先は中瀬遊歩道をいくことになる。

(その4につづく)

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。