-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010-08-08 Sun 23:59  

養老渓谷川沿い歩き ~その1~

                  
ここのところの暑さにへたれぎみで、今日もまた涼しさを求めて渓谷沿いをゆるゆる山さんぽ。
千葉県の養老渓谷へと行ってみた。

ここは昨年の秋にも紅葉を見に来ていたが、そのときは大福山・梅ヶ瀬コースを行っていた。今回は、養老渓谷の名所でもある粟又の滝~弘文洞跡~養老渓谷駅のコースを辿ることにした。

まずは養老渓谷駅からバスで粟又の滝へ。
週末はシャトルバスが出ていて粟又の滝まではこのバスを使うことに。粟又の滝からは徒歩で養老渓谷駅に戻ってくるコースを行くことにした。

粟又の滝に到着すると人が結構多い。さすが夏休みなこともあって家族連れが多い。

【low】100808_001

そのまま門をくぐって渓谷を下りていく。
途中川の上流もよく見え、とっても涼しげ。それに曇っていたこともあってとても気持ちがいい。

【low】100808_006

5分ほど歩くと下に到着。
そこにはたくさんの家族連れが川で遊んでいた。僕たちもせめてビーチサンダルくらいは持ってくればよかったなぁ・・・。

【low】100808_009

そんな夏休みの家族連れを横目に、川沿いに駅まで戻る道をてくてく歩いていく。
ここは「粟又の滝遊歩道」と言い、全長2kmほどの起伏の無い川沿いの道を行くコースだ。道すがらにも滝が見えたり、透明な川面がキラキラとした鏡面のように輝いている。

【low】100808_012

       【low】100808_015

遊歩道のちょうど真ん中らへんだろうか、川に近づけるポイントでお昼を取ることにした。

【low】100808_019

【low】100808_021


しっぽが緑色のカゲロウ(?)がすぐ近くで止まっていた。あたりを見回すと何匹もいる。今が繁殖期なのだろうか?オスがメスを追って飛び回っている。

【low】100808_018

うーん、それにしてものどかな1日。このままここでのんびりしたくなる。
のんびりと食事を取ってから、また遊歩道を歩くことにした。

(その2につづく)

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。