-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010-05-22 Sat 23:59  

新緑の川苔山(川乗山)トレッキング ~その1~

                  
今日までは天気も良いとのことだったので、土曜の休みを利用して奥多摩の川苔山(川乗山)に行った。
そろそろ暑くなってきたので、沢歩きだとか、川沿いを歩くコースを探してここに決めた。

表記は「川苔山」「川乗山」のふたつあり、両方とも「かわのりやま」と読むのだが、正確には「川苔山」が正しいようだ。「川乗山」の表記は、国土地理院の地形図で平成8年までそのように誤記されていたことによるらしい。

今回のコースは以下のようになる。

       川苔山MAP
       ↑大きな画像は地図をクリック

JR奥多摩駅から川苔谷を越え百尋の滝を見て川苔山山頂にいたり、JR鳩ノ巣駅へ向かう、全長12.3Kmのコースだ。
いつもなら日帰りということもあり4時間程度で行けるコースを取っていたが、今回は日帰りで行けるほぼ限界の6時間のコースとなっており、体力もかなり必要となりそうだ。また暑くなってきたこともあり、水分補給にも気を使う。

まずはJR青梅線奥多摩駅から日原方面行きのバス(西東京バス)に乗り、川乗橋で下車。15分ほどで着く。

【low】100522_001

ここから川苔谷沿いの林道を歩き、途中で林道と分かれて百尋ノ滝を経由して山頂へと向かう。

【low】100522_003

ちょうど雨のシーズンの前で、今が新緑の見ごろなのだろうか。これから雨が降ってくるとこの緑はどんどん深くなっていく。

【low】100522_008

木々の間からときおり隣の山が見えてくる。
山も新緑に彩られていて、一気に動き出したような印象さえある。

【low】100522_009

出発して45分ほどで竜王橋へ到着。

【low】100522_018

その橋の手前に、きれいに苔が蒸しているのを見つけた。

【low】100522_015

新緑と相まって、エメラルド色をしている。こういった色は自然のみが作ることができるものだと改めて実感。写真では近づけることはできるけど、その色そのものは表現しきれない。
さて、竜王橋を渡るとすぐ下に、滝が流れているのを見つけた。橋を渡りきったすぐ左側に小道があって、下に降りられるようだ。

【low】100522_021

下に下りてみると、滝のすぐそばまで近づくことができ、また川風も気持ちいい。
ちょっと早いがここで昼食を取ることにしよう。

       【low】100522_029

       【low】100522_031

さて、お昼を食べたら出発しよう。

(その2につづく)

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。