-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010-05-03 Mon 23:57  

陣馬山トレッキング ~その3~

                  
さて、陣馬山で一休みしたら下山することにしよう。
と、ここで下山ルートが複数あるのに気づいた。

1:栃谷尾根を下りて陣馬登山口バス停に至る道
2:一ノ尾根を下りて上沢井を経由してバス停へ至る道。
3:山の反対側へ下り、和田峠から和田のバス停へ至る道。

1は当初予定していた道。2は少し遠回りだが、下りの傾斜は1よりもゆるい。3は、藤野駅へは行かず、和田バス停から八王子駅に向かう道。
3は少し距離が短すぎのでやめ、1は下りが急なので左足に負担がかかりそう。ということで、少し遠回りながらも2の、一ノ尾根経由で下山することにした。

100503_061low.jpg

傾斜はゆるいといっても下りは下り。そこを例のごとく木の階段で下りていく。
下りる時の衝撃が足に響く。

100503_062low.jpg

だが、景色のよさが、足の痛みも忘れさせてくれる。時間もそろそろ夕方といっていい時間になってきた。
ただ黙々と山を下りていく。

100503_065low.jpg

途中で、木の幹の股のところから花が着生しているのを見つけた。なんとなくかわいらしい。

100503_066low.jpg

この辺りは昔から山が開けていたのだろう。道の案内となる石版が道の脇にひっそりと腰を落としていた。

100503_069low.jpg

だが、距離はかなりある。下りでスピードも上がっているはずなのだが、なかなか山を下りることができない。
栃谷尾根経由だと1時間半ほどだが、このコースは2時間はかかるようだ。

       100503_072low.jpg

そうこうするうちに、遠くで列車の発車ベルの音が聞こえた。そろそろ麓にさしかかったかな。
山の低いところに育つ山ツツジもたくさん見えてきた。

100503_073low.jpg

そしてすぐに民家の脇に出、舗装路に出た。

100503_075low.jpg

今回のトレッキングも、バス停が見えればゴールだ。

100503_076low.jpg

今回は足のことを考えてゆる登山にするつもりだったのだが、傾斜こそゆるかったが、距離としては今までで一番の長距離だった。
足の付け根がすでに筋肉痛のように痛くなっていた。。

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。