-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010-03-28 Sun 23:29  

大山(丹沢山塊)を歩く ~その4~

                  
見晴台から阿夫利神社まではほとんど起伏がない。
快適な山歩きという感じだ。
奇妙な形をした岩や、狭い山道が出迎えてくれる。

100328_101.jpg

       100328_103.jpg

100328_107.jpg

二重社の少し手前に、上に上がる石の階段があったので登ってみた。
そこは少し広めの広場のようになっていて、奥の中央に巨木がそびえたっていた。

       100328_108.jpg

特に名前がついているわけではなさそうだが、どう考えてもあの石の階段はこの木にたどり着くために設けられたようにしか考えられない。また、その巨木は圧倒的な存在感を示しており、思わず手を合わせてしまいたくなる。

巨木を後にして下っていったところに二重社と二重滝がある。

100328_114.jpg

       100328_117.jpg

ぱっと見た目は明るそうな社であったが、その説明書きを見てぞっとしてしまった。
・・・。

「木にわら人形を打ち付けて、人を呪うことが・・・」
丑の刻参りですか・・・。
人と一緒で、お社もみかけにはよらないんだなぁ・・・。

なんて思いながら歩くとすぐに阿夫利神社駅まで戻ってきてしまった。

100328_120.jpg

なんだか春→冬→春と、二つの季節を行ったりきたりしたような、今回の山歩きだった。
本当はここからケーブルカーに乗らずに、女坂を歩いて下りようと思っていたのだが、日も傾いており、また寒さも増してきたので無理をせず、ケーブルカーで下山した。

この季節の山歩きは、季節の変わり目ということもあり、ふたつの季節を楽しめる貴重な時期なのかもしれない。

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。