-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010-03-28 Sun 23:59  

大山(丹沢山塊)を歩く ~その1~

                  
今日はいよいよ待ちに待った、E-PL1のデビューの日。
だが天気はあまり、芳しくない。仕方ないか・・・。

最近は2週間に1回の山歩きがすっかりスケジュールに組み込まれるようになった。前回が筑波山だったから、今回も1000m前後の山を行ってみよう。

ということで今回選んだのは、神奈川県の丹沢山塊の東端にある大山。古くから信仰の山として栄えた山へ行ってみることにした。
新宿から小田急線急行で1時間ほどの伊勢原駅で下車。そこから神奈川中央交通バスに乗って大山ケーブルバス停まで行く。
今回は新宿から、「丹沢・大山フリーパスA」を小田急線の切符売り場で購入。2140円なり。これは小田急線の往復と神奈川中央交通バス往復、大山ケーブルカーがセットになったお得なチケットで、かなりお得になるのでお勧め。

今回採用したルートは以下の通り。
 阿夫利神社駅→十六丁目→富士見台→阿夫利神社奥の院(大山山頂)
→雷ノ峰尾根→見晴台→二重社→阿夫利神社駅
所要時間は3時間~3時間半といったところか。

大山バス停に到着したが、ケーブルカー乗り場がない。ここから15分ほど登ったところにあるのだという。そこまでいくには階段を上がり、みやげ物屋の間を抜けていくこととなる。

100328_002.jpg

そこを抜けると大山ケーブルカー駅に出た。緑色のケーブルカーに乗っていく。

100328_006.jpg

ケーブルカーに乗ること約6分。阿夫利神社駅に到着。
阿夫利神社に参拝して、その脇から今回の山歩きは始まる。

100328_007.jpg

100328_009.jpg

今回の撮影は、主にプログラムモードでカメラ任せと若干の露出補正で撮影した。このカメラの実力を見たかったこともあるし、なにより速射性を見たかったのだ。
でも、シャッターを切った時のカシャッという音はなんとも言えず良い。コンデジだと録音された音を再生しているだけだもんなぁ・・・。

歩き始めてまもなく、杉の木の間の道を抜けるとさっそく急な登りが現れた。その後も急な登りが続く。

100328_010.jpg

100328_013.jpg

100328_015.jpg

この急な登りのおかげで、この近辺にあった(はずの)夫婦杉を思いっきりスルーしてしまった。見たかったなぁ、夫婦杉。
急なのぼりは十六丁目と呼ばれるポイントまで続くらしい。急な岩場の登りや階段を、息をきらしながらあがっていく。

       100328_026.jpg

       100328_028.jpg

そしてようやく、十六丁目に到着する。

       100328_030.jpg

ここで一息ついたら山頂を目指そう。

(その2に続く)

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。