-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2009-12-06 Sun 22:40  

湯坂路~鎌倉古道を歩く~ その2

                  
その1からの続き。

浅間山もそこそこに、今度は湯坂城跡に向かう。
今までの行程と違ってなだらかな道が続く。道の両側を、秋の終わりを告げるかのようにススキが覆い、冷たい風が吹きわたる。

081206_0056.jpg

再び道は山の中に入っていく。紅葉も終わり、落ち葉が山道を赤く染め上げている。ただ見た目とは裏腹に、昨日の雨もあり、非常に滑りやすくなっていた。途中で何回か滑って転びそうになった。

081206_0066.jpg

       081206_0070.jpg

歩くこと1時間半、ようやく湯坂城跡に到着した。だが、特になにかあるわけではなかった。城跡を示す案内板があるのみ。あとは来るまでの行程での石畳の道がかつて城があったことを物語っているのみ。現在訪れるにはその石畳の道でさえもつるつると滑り、来る者を拒んでいるように感じる。

081206_0075.jpg

       081206_0077.jpg

ここから箱根湯本までは20分ほどで行けた。あとはこのよく滑る石畳の道さえ気をつけていけばいい。

       081206_0074.jpg

旭日橋に到着したのは15:00。山道はここで終わり、帰宅ラッシュの車の脇をてくてくと歩いて箱根湯本に向かう。
とにかくご飯、ご飯・・・。もうおなかがすいてたまらない。

081206_0080.jpg

が、しかし、やっぱりここって観光地。手軽な食事ひとつとっても1000円オーバーは当たり前。次からは食糧はちゃんと持っていくことにしよう。

やっぱり自然の中を歩くって気持ちがいい。持病の頸椎ヘルニアも、不思議なことにその痛みをあまり伝えてこない。
自然の力ってやっぱり偉大だ。

comment

Secret

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。