-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2011-02-27 Sun 23:59  

乙女峠経由で金時山へ ~その1~

                  
今日は神奈川と静岡県の境にある金時山に登った。

新宿から小田急箱根高速バスに乗り、乙女峠バス停で下りる。
下りたすぐには富士見茶屋が。

110227_002.jpg

ここからの富士山の眺めはいいらしいが、今日はあいにくの曇り。
ガスっていて、あまり良くは見えなかった。

110227_001.jpg

富士見茶屋の斜め前からが登山口になっている。
車に気をつけながら道を渡り、さていよいよ登山!と思いきや、当初想定していたルートが土砂くずれのために通行不能!

       110227_004.jpg

しかたなく、回り道をしていくことに。
雪を想定していたが、この程度の標高では雪はなく、どちらかというと普通の登山。ちょっと拍子抜けしてしまったが、登りはそこそこきつい。

110227_007.jpg

よくよく地面を見ると、昨日は冷えたのだろうか、霜が残っている。

110227_009.jpg

地面はごつごつとしており、ちょっと歩きにくい。石で滑らないように慎重に登っていく。
30分ほど歩いただろうか、乙女峠に到着した。(実は富士見茶屋が乙女峠だと勘違いしていた^^;)

なんだか、とっても殺風景な場所だ。
しかも天気も曇り。殺風景さに拍車がかかっている。

110227_011.jpg

最初はここで一旦休憩しようと思ったのだが、軽く富士山を見ただけでそのまま先に進むことに。
休憩するにはあまりにも殺風景過ぎたので・・・。
ここから金時山山頂までは45分ほどとのこと。体もあまり疲れていないので、そのまま進む。

10分ほど歩くと、今度は長尾山山頂に到着。
ここも相変わらず殺風景だ・・・。なんだか金時山って殺風景?
でも山頂に行けば、ウワサの金時娘に会える!

110227_014.jpg

この長尾山から先は、本格的な登山道へと入っていく。

(その2へつづく)
スポンサーサイト
 2011-02-27 Sun 23:58  

乙女峠経由で金時山へ ~その2~

                  
さて、いよいよ本格的な登山道に入った。
坂も厳しく、なかなかに歩き応えがある。

110227_017.jpg

110227_019.jpg

道も、解けた霜のせいで滑りやすくなっている。アイゼンまでは必要ないが気をつけて登ることにしよう。
このあたりは笹が非常に多い。

       110227_021.jpg

登りもきつくなってくる。この長尾山~金時山までがこのトレッキングのピークなのではなかろうか。
新宿からバスで直行できる場所に、これだけ登り甲斐がある山があるのは非常にありがたい。

110227_023.jpg

40分ほど歩くと坂の上に人工物が見えてきた。あれがウワサの金時茶屋かな。
霧の中に摩天楼のように建物が見えている。まるでなにかお化けでも出そう・・・。

110227_025.jpg

ようやく金時山山頂到着!
時間としてはそんなに長くはなかったが、なかなかに登り甲斐があった。

110227_026.jpg

・・・で、肝心の金時娘なのだが、店の入り口に堂々と「金時娘撮影禁止」の看板が。山頂は相当に風が強くて寒い。とりあえずは金時茶屋に入った。

中では小学生くらいの子供とおじさん、そして三つ網の老女が。おそらくこの三つ網老女が金時娘なのだろう。
半世紀前までは「娘」で通っただろうが・・・。

とりあえず温かいものが食べたくてうどんを注文。だが、老女は恐ろしく無愛想だ。なぜに名物なのだろうか?
常連客には愛想がいいのだろうか?
中に入ってもそんなに明るい気分になることもなく、さっさと金時茶屋を出た。

天気も崩れ始めていたのでさっさと山を下りる。
行きで1時間かからなかったので、帰りはもっと早かった。帰りのバス停は太郎平バス停。
またまた高速バスで新宿へ。

運賃もリーズナブルで、気軽に行ける山としてはいいのかも知れない。
だが、なんだか気分が明るくならないトレッキングだった・・・。
 2011-02-06 Sun 23:18  

シャン民族記念日

                  
東京は新宿の高田馬場に、「マイソンカー」というミャンマー料理のお店がある。
独特なアジアンな雰囲気が好きで、営業所が変わった今でも時々食事をしに来ている。

シャン料理「マイソンカー」

そこに食事に行ったところ、店の主から一枚のチラシを渡された。
「良かったら来て見ないか?」

       110205_001.jpg

これは面白そうだ。1000円でバイキングって言うのもなんだかお得だし。
そういうわけで本日、池袋のアカデミーホールに行ってきた。

       110206_002.jpg

どうやら地下らしい。
地下に降りていくと、なんだか民族色豊かな音楽と、ミャンマーの人たちがたくさん。
日本人の人たちも何十人かはいたが、おそらくは国際協力などでかかわっている人たちなのだろう。

110206_006.jpg

なんだか活気があって好きだ。7年前に仕事で行ったパキスタンを思い出す。
今は介護保険の仕事で、海外で仕事をする機会なんてないもんなぁ・・・。

食事もミャンマー料理のバイキング形式で、とってもおいしかった。マイソンカーのご主人も腕をふるっているのだろう。

特になにもすることがなかった日曜日だったので、誘ってもらったマイソンカーのご主人に感謝!
また来年も参加してみたい。
Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。