-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010-04-25 Sun 23:52  

M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

                  
オリンパスより、マイクロフォーサーズ用の広角ワイドズームが発売された。

M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mmF4.0-5.6 (メーカーのホームページはこちら


OLYMPUS PEN用 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6OLYMPUS PEN用 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
(2010/04/23)
オリンパス

商品詳細を見る


前評判によると、
・絞り開放では四隅の周辺光量が低下し、描写が甘くなる。
・1段絞れば全域にわたってシャープな画像が得られる。
・小型軽量

とのこと。
まさしくE-PL1のためにあるようなレンズ。さっそく購入してみた。

P1000004low.jpg

まずは外観から。
このレンズは14-42mmと同じく沈胴式を採用している。完全収納した状態と、最大望遠(18mm)にした際のレンズの長さは以下の写真のようになる。

P1000002low.jpg

P1000003low.jpg

14-42mmほど大きく長さが変わることがない。まぁ14-42mmと違って倍率が2倍となっていることもあって、長さも抑えることができたのであろう。

肝心の写りだが、白い壁を9mm(絞り開放)、18mm(絞り開放)、9mm(絞り+1段)、18mm(絞り+1段)で撮影したみた。

9mm開放
9mm(絞り開放)

18mm開放
18mm(絞り開放)

9mm+1段
9mm(絞り+1段)

18mm+1段
18mm(絞り+1段)

上記の中でもっとも周辺光量の低下が低いのは18mm側で絞りを+1段(F8.0)した際である。
比べてみると分かるが、絞りを1段絞ったくらいでは周辺光量の低下は避けられそうもない。9mm側では最低でもF8.0まで絞りを絞る必要がありそうだ。
また、18mm側でもF8.0あたりにしておけば、周辺光量の低下はあるていど避けられそうだ。

森の中などを撮影する際には問題ないが、空や海などの、画面の端にまで渡って同じ濃度・色が続くような構図では周辺光量の低下が目立つように思われる。

このあたりのデータを元に、週末の山歩きではいろいろ撮影してみようと思う。
スポンサーサイト
 2010-04-18 Sun 19:09  

E-PL1ファームウェアアップの予告と新ソフト

                  
E-PL1にとって初のファームウェアのアップの予告があった。

ファームアップ実施日:4月23日11:00AM~
内容:①静止画撮影時のオートフォーカス速度の向上
   ②電子ビューファインダー「VF-2」装着時に、
    メニューおよび再生画像を背面液晶モニター
    表示に切り替えることが可能になる。

①はともかく、②は非常にありがたい。以前使っていたRICOHのGX200では当たり前に付いていた機能だっただけに、これがあるのとないのとでは使い勝手がぜんぜん違う。

また、同時に新ソフトウェア「OLYMPUS Viewer 2」の発表があった。OLYMPUS STUDIO2やOLYMPUS Master 2の後継となるソフトウェアで、なんと無償だとのこと。

最近OLYMPUS STUDIO2を購入した自分としては悔しい限りだが、これから先のバージョンアップにかかる費用を考えるとまぁよしとするか。
ちなみに公開開始は5月上旬とのことで、おそらくゴールデンウィーク後くらいになるのかな・・・。

いずれにしても楽しみだ。
 2010-04-17 Sat 19:15  

フォトトレッキング用のウェア

                  
新宿駅近辺にはたくさんの登山用品のお店がある。
ISI石井スポーツ、好日山荘、SRC、小田急ハルク地下・・・
夏に向けてウェアをそろえようと、仕事が早く終わったのでぷらぷらとめぐってみた。

だが、ウェアって高いものだったのか・・・。
安くても3000円台から、1万円ほどするものもある。今回は体温調節が簡単にできそうなので、ハーフジップのシャツを探していたのだが、どれも結構なお値段。
困った・・・。

困った時には庶民の味方、UNIQLO!
家の近くの錦糸町丸井の地下のUNIQLOに行ってきた。
クイックドライ仕様のハーフジップシャツはなんなく見つかった。本格的な登山でもないし、基本は日帰りなのでそんなに高機能なものは必要ない。

ありました!

00_062313.jpg

ドライメッシュハーフジップT(半袖)A
商品番号:062313
¥1,990
http://store.uniqlo.com/jp/CSaGoods/312406-00


錦糸町丸井地下では2着で3000円だったので、とりあえず2着げと!
もっと本格的に登山やるようになったらそのときにちゃんとしたのを買えばいいし、今はこれで充分。

来週末の山歩きが楽しみ♪
 2010-04-15 Thu 22:36  

E-PL1のケース(STU:L「CAMERA HOLDER」)

                  
3月30日に注文して約2週間。注文していたカメラケースがとうとうやってきた。

100415001.jpg
CAMERA HOLDER by STU:Lx07 (\6、500-)

STU:Lさんと言う、京都にある写真スタジオのオリジナルのカメラホルダーである。
サイズ的にもE-PL1+VF-2を収めるのにちょうどよいこともあって、注文していた。
STU:Lさんのお知り合いのオーストラリアにいる日本人の方の手作りだそうで、1点1点微妙に風合いが違いそう。
どんなのが来るのか正直不安なところもあったが、到着して袋を開けたとき、思わず見入ってしまった。
STU:Lさんの一枚一枚の写真、1点1点の商品それぞれにストーリーがあるという考え方に共感できたこともあって、このCAMERA HOLDERを見て、その作り手のことを思わず想像してしまった。

メイン素材はリネンで、それをアクリルペイントで着色している。また、外側にひとつ、内側にひとつ、それぞれポケットがあって、レンズカバーや予備バッテリーなどの小物を入れることができる。
デザインも風合いも僕好みで、しかも長く使えそう。

       100415003.jpg

100415002.jpg

肝心の、E-PL1+VF-2を入れた様子が↓

100415004.jpg

見事にすっぽり。
あんまりいろいろ入るほど大きくもなければ、きつきつでもない。
ざっくり入れて、すぐ取り出すことができる。これは山に登る時にカメラをケースから出すのに非常に便利。
また、内側はウールで貼られており、傷も付かなそう。

今回、メールでやりとりして購入に至ったわけだが、買い物かごに入れて、入金して、商品が送られてくるという機械的な作業でインターネットでの買い物と比べて、非常に血の通ったやりとりができ、代表の竹内さんの性格が伝わってくるようだった。

購入した際の封筒の中にはSTU:Lさんのスタジオを紹介した写真が2枚と、スタジオのネームカードが入っていた。
ネームカードには

「京都にお越しの際には、是非遊びにいらして下さい。」と手書きのメッセージが添えてあった。
 2010-04-12 Mon 19:43  

レインウェア

                  
相方がレインウェアを購入していた。
山の本を見ると、レインウェアは必須とある。でも、そこまで本格的な山って行くんだろうか・・・?

と思っていたら高水三山のフォトトレッキングでものの見事に雨に降られた。
いちおうウィンドブレーカーはあったのだが、改めて山の天気の変わりやすさを思い知らされた。

これはレインウェアを用意しないといけないかな・・・。
でもレインウェアって、みんな3万円くらいするんでしょ?って思っていたら、GORE-TEXなどを使ったものだとそれくらいするけど、それ以外にも防水透湿機能のあるレインウェアで1万円くらいであるみたい。

で、候補に挙がったのが、

ミズノ(MIZUNO) アウトドア メンズ レインスーツ 73FF101 05 グレー M 73FF10105ミズノ(MIZUNO) アウトドア メンズ レインスーツ 73FF101 05 グレー M 73FF10105
(2009/04/10)
MIZUNO(ミズノ)

商品詳細を見る


と、

 
モンベル(montbell) サンダーパスジャケット Men\\\'sモンベル(montbell) サンダーパスジャケット Men's
(2010/03/05)
montbell(モンベル)

商品詳細を見る

モンベル(montbell) サンダーパスパンツ Men\\\'sモンベル(montbell) サンダーパスパンツ Men's
(2010/03/05)
montbell(モンベル)

商品詳細を見る


いくつかのお店でだいたい見てきて、サイズと色を確認し、このどちらかかな・・・。
値段はどちらも上下セットで12000円くらい。だが、モンベルのは、上下が別売りで、上がMで、下がMSなんて組み合わせもできる。
最終的には上下をそれぞれ体に合わせられるモンベルのサンダーパスジャケットにした。
色は青と緑とオレンジがあったが、リュックが水色なので同色系の青はパス。で、そんなに派手にしたくないのでオレンジもパス。

結果的には消去法で緑となった。メーカーでは「ダークアイビーXタイム」というらしい。
以外とごついけど、ちっちゃく収納できるみたいで、これくらいならリュックの中に入れることもできるかな。

着々と山グッズ、増殖中・・・。
 2010-04-12 Mon 02:28  

トレッキングステッキ

                  
高水三山からの帰り道、新宿に寄ってトレッキングポールを見ることにした。

まず最初に訪れたのは新宿西口の石井スポーツ。登山関係のものならまずほとんど揃うし店員さんも知識が豊富で心強い。
いくつか見てみたが、その中で「LEKIシェラシステム」という杖が目に留まった。ヘッドの部分を外せば一脚としてカメラを付けることができるというスグレモノだ。ただ、約10000円という金額で出かかった手が引っ込んだ。

・・・とりあえず冷静になろう、冷静に・・・。
ヴィドフランスでコーヒーとケーキを食べ、もう一度石井スポーツへ。
行こうと思ったのだが、時間はすでに19:50。今から行っても閉店ぎりぎりだ。そこで南口にあるL-Breathに行こうとしたのだが、こちらも20:00で閉店。

最後の頼みの綱、西武新宿駅の近く、大久保病院と同じ建物の中にある「SRC」へ。
ここは、他のお店と違って登山グッズが割引で販売されている。登山グッズは通常、あまり値引きしていないのだが、ここは値引き商品がわんさか。

LEKIシェラシステムは無かったが、よく考えてみると、写真を撮るたびにヘッドを外してカメラをセットするのはいかにもめんどくさい。しかも杖として使うときにはまたヘッドをつけなくてはならない。
だったら、普通の杖を買ったほうがいいのではないか。

お店の人とも相談しながら悩むこと30分。
「最後の一押しでここからさらに10%引きますよ」と言われて、そのままご購入。

MagicMoutainの、アンチショック付のトレッキングステッキ(1本)を購入した。
I型の、トレッキングストック(2本)も考えたのだが、両手がふさがってしまうの嫌で、また、わざわざ2本使わなくてはならないような本格的な登山は今のところするつもりはない。しかも2本ストックを使うことで自分のバランス感覚が鈍るような気がして今回は「転ばぬ先の杖」とばかりに1本物を購入と相成った。

P4120387.jpg

さて、家に帰ってさっそく長さを調整・・・
しようと思ったのだが、目盛りが100cmからしかない。I型でもこれは高すぎるのでは?!
しかもこれはT型だし。できれば85cm~90cmくらいの目盛りがほしかった。
次に山に行ったときに長さを調整して、ちょうどよいところでしるしをつけて使うことにしよう。

さてさて、再来週の山歩きが楽しみだ。
 2010-04-11 Sun 23:59  

高水三山トレッキング ~その1~

                  
都内の桜も見ごろを過ぎてきた。
今日は久しぶりに御岳の方に行ってみることにした。
御岳でも少し青梅寄りの、高水三山が今回のトレッキングコースだ。
ここは標高こそ800m弱と、高くはないが急な登り下りや、手を使ってよじ登るような岩場などもあってなかなか登り応えのあるコースとなっている。また、順番に3つの山の山頂に到達できることもあって、なかなかに楽しいコースだ。
JR軍畑駅からスタートするコースは下の通りである。

         高水三山マップ647x700
          ↑大きな画像は地図をクリック

軍畑駅→高源寺→常福院→高水山→岩茸石山→惣岳山→青渭(さんずいに胃の字)神社→関東ふれあいの道→御嶽駅
となっている。時間としては休憩時間を除いて4時間弱と言ったところか。

まずはJR軍畑駅に到着。ここは無人駅で、しかも各駅停車しか止まらない。Suicaが使えるか心配だったが、無事使うことができた。

100411_001.jpg

100411_002.jpg

ここはちょうど春まっさかり。さまざまな花が個性を競って咲いていた。

100411_004.jpg

そのまま舗装された道をひたすら歩く。のどかな風景が30分ほど続き、右側に高源寺が見えてくる。

100411_005.jpg

       100411_013.jpg

100411_014.jpg

       100411_023.jpg

       100411_024.jpg

高源寺を過ぎると5分ほどで、登山道の入り口が見えてくる。

100411_033.jpg

その2につづく
 2010-04-11 Sun 23:58  

高水三山トレッキング ~その2~

                  
登山道は杉林の中に作られているが、きっちり整備されているわけではなく、自然のままの色合いを強く残している。

100411_037.jpg

100411_040.jpg

少し歩くと、清浄の滝という、小さな滝が目の前に現れる。

       100411_041.jpg

この滝から先は、とたんに急な登りとなり、足場も急に悪くなる。

       100411_043.jpg

100411_048.jpg

ごろごろとした岩場を登っていくとシダの新芽が出ているのに気づいた。
春が確実にやってきたことを実感させる。

100411_050.jpg

せっかく苦労して急な岩場を登ったのだが、↓の看板が出迎えてくれた。思わず脱力してしまう。

100411_051.jpg

気を取り直して、さらに急な岩場を息を切らしながら登っていく。おそらく今まで登った中でも1、2を争うほどの急坂で、しかも道も整備されていない。
ようやく5合目だろうか、平坦な道に出た。道が二手に分かれていて、正しい道は右なのだろうが、試しに左の道にちょっと寄り道してみた。

       100411_054.jpg

岩山を抜けると、ちょっとした展望があり、一休みできるようになっていた。

100411_055.jpg

さて、あとはだらだらと進めばもう一ふんばりで常福院だ。

100411_061.jpg

その3に続く
 2010-04-11 Sun 23:57  

高水三山トレッキング ~その3~

                  
常福院に着くと、なにやらお祭りのお囃子が聞こえる。

100411_063.jpg

青梅市の無形文化財、「高水山古式獅子舞」だ。

100411_070.jpg

       100411_071.jpg

高水山常福院は、不動尊を祭っているお寺だ。
寺には三振りの大きな刀が奉納されている。

       100411_075.jpg

ふるまいの甘酒をいただきながら、しばし獅子舞を鑑賞する。この獅子舞は夕方まで、さまざまな演目で上演されるそうだが、夕方までいたら三山踏破はかなわない。
演目のうちのひとつを見て、そのままお寺の裏から高水山の山頂に向かう。

       100411_078.jpg

お寺から5分ほどで高水山山頂に到着。だが、木々が多くて展望はお世辞にもいいとはいえない。

100411_079.jpg

もうひとつの山、岩茸石山は絶景だと聞いたので、そのまま岩茸石山に向かう。

100411_083.jpg

しかし、岩茸石山へ至る道の途中で、どうしても手を使って岩場をよじ登らなくてはならない場所があった。
ひいこら言いながらよじ登ると、空が近くに見えてきた。

       100411_093.jpg

そして40分近くかけて山頂に到着。

100411_094.jpg

あたりの風景がパノラマのように広がっている。苦労して登った甲斐があった。
ここで少し遅めのランチを取った。のんびりと絶景を見ながらのランチは格別だ。

だが、空を見ると雨雲が徐々に広がっているのに気づいた。この調子だと1時間しないうちに雨が来る。
とりあえずは出発して、足場が悪くなる前に惣岳山に向かうことにした。

その4に続く
 2010-04-11 Sun 23:56  

高水三山トレッキング ~その4~

                  
岩茸石山から惣岳山まではおよそ40分ほど。それまでなんとか雨に会わずに済ませたい。
下りの岩場をやや早足で下りていく。

       100411_102.jpg

慌てていたせいもあったが、途中で何回か滑った。下りは油断禁物だ。登りよりも気をつけなくてはならない。

100411_104.jpg

途中で雨がぱらついてきた。
慌ててリュックからレインウェアを取り出し着用。そしてカメラをレインウェアの中に隠して雨に当たらないようにする。
慌ててはいても、珍しいものを見るとついつい足を止めてカメラを構えてしまう。木の根が岩とほとんど同化している。どこまでが岩で、どこまでが根なのか、すでに分からなくなっている。

       100411_107.jpg

そうこうしながらも惣岳山に到着。
そこには中高年のグループが体を休めていた。

100411_113.jpg

山頂にある青渭(さんずいに胃の字)神社は、周りを金網に取り囲まれていた。
おそらく劣化が進んでいるのだろう。外壁に彫られていた彫像の一部が欠けてしまっていた。

100411_112.jpg

さて、これで三山登頂だ。
ああとは関東ふれあいの道を通って御嶽駅まで戻るとしよう。

と、ここから先が大変だった。いたるところに倒木があり、くぐったり乗り越えたりしながら下山した。なぜだろう。倒木のほとんどはつい最近倒れたようだ。しかも人によって切り倒されたものも少数あったが、根元から倒れてしまったものや、幹の途中から裂けて倒れたものが数多くあった。

100411_114.jpg

なんだかんだと下りていくと、山の中腹に井戸を発見。これが真名井ノ井戸か。
野太い声が、井戸の下から聞こえてくる。おそらく冬眠から覚めたばかりのウシガエルだと思われる。

       100411_118.jpg

井戸を通り過ぎ、山もほとんど下の方まで来たとき、杉林の中に明らかに異質な3本の巨木が立っているのを見つけた。

100411_125.jpg

立て看板には「御神域 しめつりの御神木」と書いてある。なるほど、この3本の巨木がまるで山の入り口を守る門番のように感じられる。
御神木といわれる木はいずれも、言いようのない威圧感と神々しさを持っているものも多い。この3本の御神木も見た目の奇怪さに加えて、圧倒されるような感覚を覚える。

ここまで来ると、雨は霧雨のように降ったり止んだりしている。
こっちも急ぎながらも注意深く山を下りていく。

       100411_131.jpg

ふと横を見ると、虹が出ている。
虹を見たのは何十年ぶりだろう。なんともいえない清々しさを感じる。

100411_133.jpg

そしてまもなくふもとに到着。
御嶽駅に至った。

100411_137.jpg

100411_139.jpg

ここで、次のホリデー快速おくたまが来るまで30分ほどあったので、近くの蕎麦屋で軽くおそばを食べることに。
わらぶき屋根の立派なたたずまいのお蕎麦屋さんがあった。

       100411_140.jpg

そこでおそばを食べて御嶽駅に戻って今回のトレッキングは終了となった。

100411_141.jpg

おそらく今までで一番起伏が大きかったように思う。
今まではなんとか登ってこれたが、膝への負担も大きいものがあった。次に行く時までにトレッキングポールを用意することにしよう。
 2010-04-05 Mon 01:27  

E-PL1とPCとの接続

                  
いつもは撮影した写真については、SDカードをPCのSDカードスロットに入れて取り込んでいるが、カメラと直接つなぐのとどっちがいいのだろうと思って試してみた。
ついでに、カメラやレンズのファームウェアをアップする際にもPCとの接続が必要とのことなので、こっちも試してみた。

【画像の取り込み】
まず、SDカードをスロットに入れて取り込んだ方が確実に早かった。NikonのNikon Transferみたいに、カメラだけでなく、SDからの取り込みもソフトで対応してほしかったが、ib、OlyumpusSTUDIO2でもダメだった。
わざわざUSBで接続して使う必要はないように思われる。

【ファームウェアのアップデート】
4月4日現在、ファームウェアはアップされていないので意味はないのだが、ib、Olympus Studio2ともに、ソフトからファームウェアをアップすることができなかった。Olyumpus Studio2はE-PL1が出てからアップデートがないので、データーベースが更新されていないと思われるが、ibは、カメラに添付しているにも関わらず、カメラメニューがグレーアウトして使うことができない。
結局、オリンパスのサイトからデジタルカメラアップデータというソフトをダウンロードして使うしかないようだ。
しかも、僕はE-PL1のレンズキットを購入したのだが、カメラ本体に関しては型番を認識してくれるのだが、レンズに関してはバージョンしか認識してくれない。
・・・これはレンズはカメラと一体ということなんだろうか??

ちなみに、レンズキットと同じ焦点距離のレンズ(マウントの素材がプラかステンレスかというくらいの差のようだ)はファームウェアが1.2まで出ているが、デジタルカメラアップデータがレンズを認識しないため、アップデートはできない。

カメラ自体は気に入っているのだが、ソフトウェア周りがどうにも感心できない。
別口で購入するソフトウェアの対応が少し遅れるくらいならよいのだが、カメラ添付のソフトウェアで、そのカメラだと使えない機能があると言うのはちょっと対応に疑問が残る。

早急に対応してほしいものだ。
Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F3HP
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    Ai AF Zoom-Nikkor 70-300mm/f4-5.6D
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN
    NOKTON 58mm F1.4 SLII N

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。