-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2009-12-31 Thu 21:40  

ホーキンス GT9376

                  
今年もいよいよ今日が最後になってしまった。
最後の日だというのに年末気分はまるでなく、ぷらぷらとアメ横をさまよっていた。

       R0015259.jpg

R0015258.jpg


というのも、山歩きに履く靴をどうしようか考えていたのだ。
今履いているのはオリンピックで購入した、ダンロップの普通のウォーキングシューズ。普通に路面を歩くには問題ないが、先だっての鎌倉古道などは靴裏が滑ってなんども転倒したこともあり、ちょっとはまともなトレッキングシューズを履いたほうがいいのではないかと思っていた。

だが、トレッキングシューズは意外と高価。自分は登山まではするつもりはないので、そんなに靴にお金はかけたくない。
そう思いながらABCマートを覗いていると、ホーキンスのトレッキングシューズが以外と安いのに気づいた。
高いものでも7000円台。これなら気軽な山歩き程度なら問題ないのではないか?
と思って試し履きさせてもらった。

選んだのは、ホーキンスのGT9376。すでに廃番になっており、後継の9377が出ているが、9377はメッシュ地なため、自分的にデザインが気に入らなかった。

R0015262.jpg

幅と大きさが自分にちょうど良いのがあったが、どうにも甲の部分がえらく空間がある気がしてフィット感がない。
その旨を店員さんに告げると、「厚みのあるインソールはどうですか?」と勧めてくれたので試してみることにした。

Pedaqの「Master」というインソールを店員さんが持ってきてくれ、それを中に敷いて履いてみた。

       R0015264.jpg

今度は適度なフィット感があって、これなら疲れなさそう。
この組み合わせでご購入。

来年もたくさん歩きたいな♪


※GT9376は廃番ですが2009年12月31日現在、Amazonで取り扱いがあるようです。

(ホーキンス) HAWKINS トレッキングシューズ GT9376 S/CHOCO(ホーキンス) HAWKINS トレッキングシューズ GT9376 S/CHOCO
()
HAWKINS

商品詳細を見る


(ホーキンス) HAWKINS トレッキングシューズ GT9376 S/OAK(ホーキンス) HAWKINS トレッキングシューズ GT9376 S/OAK
()
HAWKINS

商品詳細を見る
スポンサーサイト
 2009-12-19 Sat 23:50  

2010年用の手帳購入

                  
11月から、外出するたびに文房具屋などを回って手帳を物色していたが、なかなかいいのが見つからない。
去年と今年は、DAIGOの「new appoint E2295(ブルー)」を使っていて、特に不満はなかったが、同じデザインにちょっと飽きてきたのでいろいろ探していたわけだ。
今回の手帳購入のポイントとしては

・B6サイズ
・ウィークリーがバーチカル方式
・ペンホルダーがある
・表紙が柔らかすぎず硬すぎないもの

あたりか。A5だと大きすぎ、A6だと小さすぎるのでB6サイズ。
バーチカル方式は時間管理がしやすく、今の業務形態にフィットしている。
ペンホルダーと表紙についてはあって便利だったので。

となった。
店頭ではなかなか見つからなかったのでネットでもいろいろと調べてみた。
すると、文房具のサイトを見つけた

Knowledge Designers Mart

そこでいろいろと物色してみる。
Delfonicsなんかはデザインもよく、モノとしての魅力に優れているがいかんせん価格が・・・。
LaconicやCoatedあたりから探してみよう。

上記条件に合ったものがいくつかあったが結局以下を購入することにした。

【Coated/コーテッド】
B6週間バーチカル見開き式 Sinc【黒】<2010年1月から2011年4月対応>


17日の夜に注文して、19日に到着したので早速開封。

       091219001.jpg

デザインとしては、いままで欲しかった黒が基調で、ページが勝手に開かないようにゴムバンドがついている。
表紙のさわり心地も今までのものに近く、悪くない。
つづいてページを開いてみた。

091219002.jpg

下半分がメモ欄になったバーチカルタイプ。下部分のメモ欄は非常に重宝する。その日のTO DOやちょっとしたメモを書けるのはありがたい。

・・・が、ただひとつ、×な点がペンホルダー部。
ゴムバンドでできているのだが、軽いボールペンなら問題ないのだが、僕が使っているのがカランダッシュのエクリドールなので、普通のボールペンよりも重い。そのためにボールペンが遊んでしまうのだ。
これさえなんとかなれば完璧なのだが。

まぁ、来年1年間は何とか使ってみることにする。

 2009-12-18 Fri 23:17  

東京スカイツリー建築中

                  
数年後には墨田区のシンボルとなるであろう東京スカイツリー。
朝、会社に行く前にふと見上げるとにょっきりと姿を現していた。

0912180001.jpg

12月11日現在で235mに達したようで、来年の春には東京タワーに並ぶそうだ。
にしても、随分と伸びてきた。うちの近辺は東京スカイツリーから1駅のところにあるが、ここもテレビ電波が強すぎて電波障害が起きる可能性があるという。まぁ、今でも難視聴地域になってNHK料金が安くなっているから変わりはないか。
 2009-12-13 Sun 23:38  

ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル2009 in 東京国際フォーラム

                  
12月11日より、東京国際フォーラムで「ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル2009」が開催されている。

「ストラスブールのマルシェ・ド・ノエル2009」ホームページ

これはフランスのアルザス地方にあるストラスブールという都市で、クリスマスシーズンに行われる盛大なマーケットのことを言い、ストラスブールの独特の雑貨や名物料理などが数多く出されるという。

季節も季節なので、夕方になって行ってみた。イルミネーションが点灯するのが16:30からなのでちょうどいいという計算もありで。

国際フォーラムについたのが夕方5時過ぎ。あたりはもう暗くなっており、イルミネーションが国際フォーラムを彩っていた。

      091214_0002.jpg

20091213_0014.jpg


今回は、アルザスから職人を招いていろいろとあるみたいだったのだが、おそらくは日中に集中していて、夕方にはシャンソン&オルゴールの生演奏があったくらいで静かなクリスマスイベントとなっていた。

20091213_0013.jpg

まぁ、クリスマスマーケットと言うくらいなので、それぞれのお店が主役なのは言うまでもないが、出店店舗の数が少なくいささか寂しい印象をうけた。これが本国ではもっと盛大なんだろうなと思うとその雰囲気がなかなか伝わりずらかったのが残念でならない。
また、食べ物を出すお店が少なく、見た限りでは2~3店舗くらいで、しかも品切れが目立った。夕食を食べたい人もいるのだから、そのあたりの準備はもっとしておいてくれてもよかったように思う。

お昼に行ってみるとまた違った印象だっただろうが、イルミネーションを楽しみたいのもあって夕方に行ったわけで、イルミネーション以外には特に際立った印象を受けなかった。
今度もしまたやるのであれば、もっと広い会場(たとえばVenusFortのような)でやると面白かったのに、と残念に思う。
せっかく本場フランス・アルザスの人たちまで来て盛り上げようとしてくれていたのに、なんか準備不足のような・・・。

20091213_0017.jpg

20091213_0008.jpg

 2009-12-09 Wed 00:55  

VF-1付GX200の収納ケース(MountainSmith FocusII S) 

                  
GX200をVF-1を付けたまま収納したいっ!でも純正ケースはどうも・・・。と思っていろいろ物色していたカメラケース(ポーチ)だが、ようやく自分なりに結論が出たので購入してみた。


MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) #81001 フォーカス II 01 ブラック S 81001MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) #81001 フォーカス II 01 ブラック S 81001
()
mountainsmith(マウンテンスミス)

商品詳細を見る


これにしました。新宿西口のヨドバシカメラへGX200を持ち込み、その場でいろいろ収納してみて大丈夫と判断→購入して帰宅。

 DVC00006.jpg

ケースの形状としてはまずまず。本革のハードケースとはいかなかったが、中もクッション素材が入っていて傷がつきずらく、ショックにも少しは耐えそうだ。
そして改めてGX200を収納してみる。

       DVC00007.jpg

まず横幅はぴったり。若干きつめだが全く問題ない。
そして肝心の高さだが・・・。

 DVC00009.jpg

よしっ。ばっちり。
VF-1をつけないならネックストラップを上部の余った部分に折りたたんで収納することもできる。
ただ、VF-1の接眼部が若干当たってVF-1がチルトしやすくなってしまうが、その点は我慢できるし、そのためにもう一回り大きなケースを使う気にもなれないのでこれで非常に満足している。

また、内部にポケットがあるので予備バッテリーやSDカードを収納することもできた。
現状ではこれがベストの選択のように感じる。

あ、そういえばこの商品には2つバージョンがあって、トップの「MoutainSmith」ロゴの部分がゴムでできているものと布でできているものがあるようだ。
ゴムでできているものは問題ないのだが、布のロゴが貼ってあるものは仕様が違うのか、きつきつで入らないらしい。ご注意を・・・。
 2009-12-06 Sun 22:40  

湯坂路~鎌倉古道を歩く~ その2

                  
その1からの続き。

浅間山もそこそこに、今度は湯坂城跡に向かう。
今までの行程と違ってなだらかな道が続く。道の両側を、秋の終わりを告げるかのようにススキが覆い、冷たい風が吹きわたる。

081206_0056.jpg

再び道は山の中に入っていく。紅葉も終わり、落ち葉が山道を赤く染め上げている。ただ見た目とは裏腹に、昨日の雨もあり、非常に滑りやすくなっていた。途中で何回か滑って転びそうになった。

081206_0066.jpg

       081206_0070.jpg

歩くこと1時間半、ようやく湯坂城跡に到着した。だが、特になにかあるわけではなかった。城跡を示す案内板があるのみ。あとは来るまでの行程での石畳の道がかつて城があったことを物語っているのみ。現在訪れるにはその石畳の道でさえもつるつると滑り、来る者を拒んでいるように感じる。

081206_0075.jpg

       081206_0077.jpg

ここから箱根湯本までは20分ほどで行けた。あとはこのよく滑る石畳の道さえ気をつけていけばいい。

       081206_0074.jpg

旭日橋に到着したのは15:00。山道はここで終わり、帰宅ラッシュの車の脇をてくてくと歩いて箱根湯本に向かう。
とにかくご飯、ご飯・・・。もうおなかがすいてたまらない。

081206_0080.jpg

が、しかし、やっぱりここって観光地。手軽な食事ひとつとっても1000円オーバーは当たり前。次からは食糧はちゃんと持っていくことにしよう。

やっぱり自然の中を歩くって気持ちがいい。持病の頸椎ヘルニアも、不思議なことにその痛みをあまり伝えてこない。
自然の力ってやっぱり偉大だ。
 2009-12-06 Sun 22:15  

湯坂路~鎌倉古道を歩く~ その1

                  
急遽思い立って、新宿からロマンスカーに乗って箱根に向かった。
時間の制約上、3~4時間で行けるコースを選んで湯坂路となった。ただ、湯坂路入口から箱根湯本へ行くと時間がオーバーしてしまう恐れがあったので、小湧谷までケーブルカーで行ってそこからスタートとした。
今回取ったコースは

小湧谷駅→千条の滝→浅間山→湯坂城跡→旭橋→箱根湯本駅

となっている。ただハイクするだけなら2時間半くらいだと思われるが、自然を楽しんで写真を撮りながらの行程だったので4時間くらいかかった。

11:30AM小湧谷駅を出発。
昨日までの雨がうそのように、気持ちいいくらいに晴れ渡っている。
081206_0013.jpg

そこからハイキングコースを通って一路千条の滝へ。案内板によると20分くらいとのこと。昨日の雨で道がぬかるんでいることも考えると30分ほどだろうか。
登山道に入る前の道で、黒猫が日向ぼっこをしていた。こちらが近付くと道の上でごろんと横になってころころ転がっていた。どうやら歓迎されているようだ。

       081206_0017.jpg

抜けるような青空の中、道のぬかるみもそれほどではなく快適なハイキング。

081206_0021.jpg

30分ほどで千条の滝(ちすじのたき)に到着。その名の通り、水の白糸が幅10mほどに渡って川に流れ込んでいる。不思議なほどに幽玄な風景が広がる。また、紅葉シーズンも終わったこともあって人気も少なく、あたりの静けさがこの滝の神秘さをさらに際立たせていた。

081206_0034.jpg

しばらくその風景に見とれ、そこから動くことができなかったが気を取り直して、ここから浅間山に向かう。
今までの行程がなんだったんだろうと思うほど険しく急な山道が続く。

       081206_0044.jpg

40分ほど歩くと急に開けた場所に出た。ここが浅間山の頂上部のようだ。何組かのハイカーが食事をしたりくつろいだり、思い思いに時間を過ごしていた。

081206_0048.jpg

ここでしばらく時間を過ごす予定だったのだが、食事を用意してくるのを忘れ、空腹もあって箱根湯本まで一気に踏破することにした。

その2に続く。。。
 2009-12-04 Fri 23:39  

GX200のケース購入候補一覧

                  
こまった・・・。

GX200のケースで適当なものがない・・・。BodySuitなるものはあるが早い話が速写ケースなので今回はあまり考えていない。普段カバンの中に放り込んでおけるケースを探している。

今使っているのが↓

      DVC00005.jpg
(ETSUMI f.64×sunbrella)

で、ざっくり入れられるし予備バッテリーも入れられるので重宝しているが、VF-1ファインダーをつけたままでは高さが足りず収納できない。また、ストラップが両がけなのでストラップの収納が面倒。
デザインはすきなのでこれはこれでいいのだけれど、横収納型のケースで予備バッテリーも収納でき、できればVF-1を付けたまま収納できるケースはないだろうか・・・。

いろいろ調べていくうちにいくつか見つかったので、自分で覚えておくためにも候補一覧を作成しておくことにした。
下記がその一覧。基本的にデザインが気になったものを中心にしていて、BodySuitなどの速写ケースは今回の目的とは違っているので入れていない。また、純正品は除いている。ちなみにVF-1をつけたまま収納ができるのはVanNuysのTypeCと、MountainSmithのFocusIISの二種類。


【MOUNTAINSMITH】
・FocusII S (VF-1付収納可能)
MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) #81001 フォーカス II 01 ブラック S 81001MOUNTAIN SMITH(マウンテンスミス) #81001 フォーカス II 01 ブラック S 81001
()
mountainsmith(マウンテンスミス)

商品詳細を見る

【KATA】
・DF-406 (縦収納)
KATA デジタルフラップポーチ DF-406KATA デジタルフラップポーチ DF-406
(2008/08/29)
KATA

商品詳細を見る

・DF-410-V(横収納)
DF410V.jpg KATAデジタルフラップポーチDF-410-V


【ETSUMI】
・f.64カメラバッグ sunbrella FMCS
f.64 カメラバッグ sunbrela FMCS ブラック f.64-FMCS-BKf.64 カメラバッグ sunbrela FMCS ブラック f.64-FMCS-BK
(2008/04/28)
f.64

商品詳細を見る



【VanNuysバンナイズ】
・横型キャリングケース/Type-A、Type-B
RICOH GR DIGITAL III/GR DIGITAL II/GR DIGITAL/GX200/GX100用横型キャリングケース/Type-A/8号帆布/ブラックRICOH GR DIGITAL III/GR DIGITAL II/GR DIGITAL/GX200/GX100用横型キャリングケース/Type-A/8号帆布/ブラック
()
バンナイズ

商品詳細を見る

・横型キャリングケース/Type-C(VF-1付収納可能)
top_top.jpg RICOH GR DIGITAL III/GR DIGITAL II/GR DIGITAL/GX200/GX100用横型キャリングケース/Type-C


【Ulysses】
・リネン&帆布カメラケース Lino(リノ)
09161416_4ab07495c0a1b.jpg リネン&帆布カメラケース Lino


・本革カメラケース Borsellino(ボルセリーノ)
10182114_4adb06ba00765.jpg Borsellino(ボルセリーノ)

・本革カメラケース Borsellino2(ボルセリーノ2)
10251803_4ae414457ed46.jpg Borsellino2(ボルセリーノ2)
Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。