-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007-03-30 Fri 23:08  

隅田公園の桜まつり

                  
今日は会社行事の花見。
花見と言っても隅田公園沿いをぷらぷらと散歩するだけなんだけど、そこでいろんな屋台を覗いたりするのが楽しい。
ちょうど今は桜まつりの真っ最中。
桜はほぼ満開だが、まだいくつか開いていないつぼみもある。
気温は夜になって下がってちょっと寒かったが、桜のアーチの中を進む気分はなんとなく晴れやか。

去年も買った屋台が今年も出ていた。

       070330sakura3.jpg


からあげ4個で300円て言うのもなかなかそそられる。

墨田区側からずっと歩き、桜橋を渡る。
橋の真ん中から川を見ると、たくさんの屋形船が岸ぞいに集まってきている。屋形船から桜見物みたい。なかなか風情があってよさそう。

070330sakura.jpg


どれだけ時代が経ってもおんなじ風景が繰り返されているんだろうな。
屋台で売るものは違っても、人間のすることは変わっていない。
「花より団子」なんて言うけれど、花がなくっちゃ始まらない。
今も昔からの日本人の血が無意識の内に受け継がれているのかもしれない。
スポンサーサイト
 2007-03-26 Mon 20:00  

NIKONのホットシューカバー

                  
そういえば前に銀塩を使っていた際に、F3にはホットシューカバーを使っていたのを思い出した。
当時はPENTAXのホットシューカバーを少し加工して、F3につけて雨やホコリ対策として付けていた。

ふとニコンのアクセサリーを見たときに
ホットシューカバー BS-1
という文字が目に入った。
ニコンでも出してるんだ!サービスセンターでしか手に入らないのかな?錦糸町のヨドバシで手に入ればいいんだけど。

ヨドバシ.comで普通に売ってました。
それも168円で。
錦糸町ヨドバシの在庫もありとのことだったので、早速ポイントを使って購入。無くしそうなので2個買いました。

ホットシューカバー2


昔はホットシューのところのガイドが引っかかってしまって、PENTAXのホットシューカバーを削って、加工して付けていたけど、D200はそんなガイドなんてなく、スムーズに入った。

ホットシューカバー


雨が降っている時の撮影なんかでは、このホットシューの部分から雨が入らないかとヒヤヒヤしながら撮影していた。
最近のカメラは、カメラ内のICでスピードライトの情報を読んでるから、基盤に雨が入るかもしれない。
杞憂かもしれないけど、一応の対策ということで、またニコンからも販売されてるから付けておこう。

これって、スピードライト内蔵の一眼レフには標準で付いていてもいいんじゃないかな?168円だし、原価はほとんどタダみたいなもんだろうしなぁ。

ちなみにこれ、Canonユーザーも使ってるみたい。ホットシューの部分って規格で形がある程度決まってるもんなんだろうから他のカメラにも使えるかも。
 2007-03-25 Sun 18:45  

ヤン・ライヒ写真展@PLACE M

                  
今日までやっていたチェコの写真家、ヤン・ライヒの写真展を見に行った。

ヤン・ライヒ写真展「BOHEMIA」

新宿御苑のすぐ近く堀内カラーから歩いて2分ほどのところにPlaceMというギャラリーがあり、そこで1週間の開催となっていた。

ギャラリーはビルの3階で、入るとこじんまりとしたスペースがあった。
奥から人の話す声がかすかに聞こえるが姿は見えない。自由に見ていけばいいのかな?

今回のヤン・ライヒの作品はすべてモノクロの風景で、大四切や六切ほどの大きさにプリントされていた。
かなり軟調で、濃度を高く仕上げた作品は、どことなくチェコの背負ってきた過去やその過去を引きずって生きてきたチェコの人々の心象をあらわしているようにも見える。
きれいだが、どことなく重たい印象を受ける。なぜか虚しさや重苦しい空気が漂う。

日本では小林紀晴さんが重ためのモノクロを多く発表しているが、それとも違う、チェコそのものの文化が持っている重たさを感じた。

おそらく日本の人がチェコの風景を撮影したとしたら、このような写真は撮れないだろう。
前回の「マグナムが撮った東京」展でも感じたが、その国その国の文化や歴史が、その国に属する写真家の感性に大きく影響しているのかもしれない。
日本人だからこそ撮れる風景、日本人だからこそ撮ることが出来ない風景があるように思う。

日本に生まれ、日本に育てられたからこそ撮影できるもの、それを求めていきたいと感じた。

theme : 写真展
genre : 写真

 2007-03-24 Sat 03:36  

最初の一輪

                  
ようやく隅田公園(墨田区側)のソメイヨシノが咲き始めた。
かねてから、その桜の木が最初に咲かせる一輪目の花を撮りたいと思って1週間毎日昼休みに見にきていた甲斐もあって、撮影することができた。

        070323sakura


急に寒くなったりしたらたちどころに落ちてしまうかもしれない危険をはらみながらも最初に花を開かせるところに、妙に共感してしまって今回は必ず撮ろうと思っていた。
今まで何度か撮ろう撮ろうを思いつつも、仕事の関係もあり、なかなかできなかった。

この感じなら日曜か月曜には満開になるかな?
 2007-03-22 Thu 23:55  

D200導入

                  
ついにというか、やっぱりと言うか、D200を導入。

知り合いがあんまり使っていない予備機のD200を売ってくれるとのことで、この1年間に貯金したお金と、今まで使っていたD70sを売却してお金をなんとかひねり出した。
さすがに人が使ったストラップは使う気になれず、それと予備バッテリーは購入した。

    D200


いろいろと評判を聞いていたのと、暇があってはヨドバシでデモ機をいじくりまわっていたので、あんまり違和感なくスムーズに移行できた。
ただ、バッテリーが・・・

とっても持たないのだ。
気持ち的にはD70sの半分くらいかな?いちおう予備のバッテリーは1個買ったけど、なんか心もとない。
そこで他のことに使っていたエネループを予備バッテリーとして使うことにした。
このエネループ、なかなか評判いいみたい。D200使ってる人でもこれを使っている人が多い。

バッテリーの容量は2000mAh、コンデジに入れている2700とくらべると少ないようだが、あんまり放電しないという最大にして最高の特徴がある。
何かの時にあわてて持っていったときに、バッテリーが放電してましたじゃぁお話にならない。

まぁ、電池の話は置いといて・・・。
このD200、設定項目が多い。シャッターボタンを押したときにAFロックとAEロックも同時にかけてくれるなんて設定もある。銀塩のときも、カメラ内蔵の露出計をスポット的に使って撮影するスタイルで、測光方式も中央部重点測光かスポット測光を多用していた自分にはありがたい。
ちなみに評価測光は、カメラがどのような計算をしてその露出値を出しているかがなかなかわからず、今も昔もあんまり使ってない。
初代評価測光機であるFAの時は、もっと露出の出し方が読みやすかったのになぁ。

しばらく使い続けていくが、ここでD200の後継機が出ますって言われても、中古で安くで買えたのであんまり悔しくならないし、このボディの質感にすっかり惚れ込んでしまった。

このD200としばらくは同行二人で撮影していくかな。

theme : ニコンphoto
genre : 写真

 2007-03-18 Sun 23:39  

カメラマン登録をしてみた

                  
何気なくネットサーフィンを楽しんでいると、アマチュアでも登録できる、登録制のカメラマン募集ページを見つけた。

仕事も持ってるし、今の写真の技術も何かの役に立てばという気持ちと、ちょっと金銭的な面でピンチが多いので少しはこづかい代わりになればと思って登録してみた。

http://www.nicemax.jp/cameraman.htm

今している仕事もやりがいがあって楽しいけど、写真は捨てられない。そんな自分にはなかなか良さ気。
お金が入ればラッキーくらいの気持ちでやってみることにした。

えっとサンプル写真の登録っと・・・。
え?自分のバストアップ写真も必要なの??
深夜にカメラを三脚にセットして、セルフポートレイト。
む、むなしい・・・。
大学時代に卒業する先輩へのアルバムで撮って以来のセルフポートレイト。あれ以降、証明写真も駅前の3分証明写真だったしなぁ。

もう二度とセルフポートレイトは撮るもんかと思いつつ何回もシャッターを切る。気持ちが顔に出ちゃってる・・・。

20枚ほど撮影して、まぁこんなものかって言うものを加工して送った。

一応、これでカメラマンを名乗ってもいいのかな?写真を職業にしてるし。(んでも収入は無い)

さて、結果はどうなることでしょう?
自分でも楽しみになってきた。
 2007-03-10 Sat 23:50  

"TOKYO"マグナムが撮った東京展@都写美

                  
最近都写美で写真展があると、その初日に観に行くのが段々定番化してきた。おかげでその初日はワークショップが重なり、友の会の更新した際にいただいたコーヒー無料券が、ワークショップの開催場所が重なってしまって使えないでいる。今月末までなんだがなぁ・・。

さて、あのマグナムのメンバーによる、1950年代から現在までの東京を収めた写真を発表する写真展と聞いて、以前から楽しみにしていた。

"TOKYO"マグナムが撮った東京

入ってまず目に入ってきたのはワーナー・ビショフの写真。70年も前に撮影されたとは思えないほど、新鮮に目に映った。街を歩く人々の様子が生き生きと描かれている。

1950年代から次々と時代が織り成されていく、それに従って写真に写る人々の様子もちょっとずつ変わっていく、そんな気がした。
1970年代のところで子供たちの七五三の様子があった。ん?1974年?
僕が生まれた年だ。俺ってこんな格好してたっけ?

撮影者で見ていくと、誰でも知っているようなビッグネームの写真がいくつもある。エリオット・アーウィット、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ウェイン・ミラー・・・・。

日本人、とりわけ東京人も同じものを見つめているはずなのに、彼らの撮った写真は普段我々が何気なく見ているものを非常に魅力的に写し出している。

最近、改めてドキュメンタリーやスナップに興味を持ち始めた。
写真の持つ一瞬性を遺憾なく生かされるこのジャンルは、何気ないようで非常に難しい。
パッと見たときに「あ、これいい!」と思ってもカメラを構える間、シャッターを切る間にその瞬間は確実に過ぎ去ってしまう。
その場の空気を読んで、空気と一体になった時に初めてシャッターを切れる。

次に自分がこういう風景に出会った時、自分はシャッターを切れるのだろうか?
おそらくそのまま見逃してしまいそうだ・・・。
 2007-03-08 Thu 23:50  

いよいよ春到来!

                  
先週末からインフルエンザにかかり、家の布団で悶々としていた。

ようやく外に出られるようになったので、さっそく勤務開始!
お客さんの所へ打ち合わせに行こうと車のエンジンを入れかけたが・・・。
せっかく天気もいいし、お客さんまでそう遠くないし、ここは自転車で行ってみよう。

自転車に乗って移動すると、いつもは見えない景色がどんどん目の中に飛び込んでくる。

駒形橋を渡って隅田公園(台東区側)を抜けて行った。
ふと前方を見ると、桜が咲いている。
オオカンザクラだ。

0308sakura.jpg


オオカンザクラはソメイヨシノよりも何週間か早く咲く。てことは、ソメイヨシノが開花するまであと1~2週間ほどか?
今年は暖冬だったし、開花予想もずいぶん早いみたい。
東京の開花予想は18日前後らしいけど、このあたりのソメイヨシノはもう蕾がふくらみつつある。
もうちょっと早く開花するかな?

桜といえば、昔から桜を撮影する際には必ず、「その木のその年の最初の一輪を撮りたい」という願いを立てて撮影している。
桜は最初にごくごく少数の花を開かせ、外の様子を探らせる。そこで大丈夫なら残りの花が一気に開く。
ほとんど特攻隊で、寒さで一気に落ちてしまうかもしれない危険を冒してまで咲くその一輪がどうしようもなく気になってしまう。
決して「自分が最初に咲いた花だ」と主張することもなく、自分の役目を果たすその一輪を、せめて残しておきたい。
そして自分もそういうふうに生きてみたいという気持ちも託して、撮影する。

今年は隅田公園(墨田区側)の桜を定期的に訪れて花が咲くのを待っている。蕾はまだ固いけれど、確かに目を覚ましてじっと花を開かせる機会をうかがっているように思える。それほどに桜からのエネルギーがものすごく伝わってくる。

早く咲きますように・・・。
Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F3HP
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    Ai AF Zoom-Nikkor 70-300mm/f4-5.6D
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN
    NOKTON 58mm F1.4 SLII N

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。