-------- -- --:--  

スポンサーサイト

                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007-01-27 Sat 23:25  

ガングリオン・・・?

                  
ここ1週間くらい、右手の指先がしびれている。ふと手首を見るとなんだか腫れたみたいになっていたので、整形外科に行ってきました。

土曜日も(午後から)やってくれている病院で、待つこと15分で診察してもらえた。

先生「ふむふむ、レントゲンでは異常ないですね。骨もきれいだし」
僕 「ほぉほぉ」
先生「痛むの?」
僕 「1週間くらい前から痛んで指先がしびれたみたいになってます。」
先生「じゃあ9割がたガングリオンかな」
僕 「なんですか、そのエヴァンゲリオンみたいな名前の?」
先生「手首とか足首にできる腫瘍です」
僕 「腫瘍・・・」
先生「と言っても良性なものがほとんどなので心配ないですよ。
   状況からするとガングリオンが神経を圧迫しているみたいで
   すね。注射で抜く方法もありますけど、手術して取ってしま
   った方が再発率は低いですよ」
僕 「そんな病気、あったんですねぇ?」
先生「ネットでも出てるから調べてみたらどう?」
僕 (それを説明するのがあんたの仕事でしょ!)
  「はいはい、調べてみます。」
先生「とりあえずシップで痛みを抑えます。今はまだ小さいので、
   動脈を傷つける恐れがあるので切れません。もう少し大きく
   なったら切りましょう」

とりあえず、処方箋をいただいて帰ってきた。
ネットで調べると結構検索ひっかかる。珍しい病気じゃないんだね。
昔からよく腱鞘炎とかやってたから、それも関係してるのかな?
んでも、この痺れと痛みとの共存生活がもう少し続くのか・・・。
カメラ持ったりキーボード打つのも、サポーターしてるのでやりずらいなぁ。
ま、気長に付き合いましょ。

スポンサーサイト
 2007-01-17 Wed 23:40  

Tokina AF12-24mmF4 AT-X124

                  
Tokina AF12-24mmF4 (IF) ASPHERICAL ニコンデジタル用 AT-X124PRODX Tokina AF12-24mmF4 (IF) ASPHERICAL ニコンデジタル用 AT-X124PRODX
()
Tokina
この商品の詳細を見る


メインで使用するレンズを18-70mmから24-120mmにしたため、広角側が足りなくなる事態が発生。
会場の全景を撮影するのに24mm(35mmレンズ換算で36mm)だとちときつい。通常の撮影なら十分なんだけど、それ以上はちょっと・・・。

というわけで、広角のズームレンズを購入することにした。
ニコンの純正だと10万以上してしまう。これははっきり言ってムリ。だからTamron、Sigma、Tokinaで探してみた。

・・・ふむふむ・・・
Tokinaの広角ズームがなかなか評判いいみたい。価格.COMで価格調査開始。
ぉぉおお!5万切ってる。これなら楽勝!さっそく現物を見にアキバのヨドバシへ。

おぉ、これかぁ。
値段はっと・・・。
・・・・え?

69800円なり。

2万以上高いんですが・・・。でも今週末には使う予定なので、なんとしても入手しておきたい。
他のお店を回るが、Sigmaはあるんだけど、なぜかTokinaはあんまりない。中古カメラ屋を何軒も電話するが出物はなし。

ここはいっちょムリを承知でヨドバシで値段交渉と行くか。
僕「すみません」
店「はい?」
僕「このレンズなんですけど、もうちょっと安くならないですか?」
店「ポイント換算をなくしてその分は安くなるんですが・・・」
僕「価格.COMだと2万以上安いですよ」
店「それが分かるチラシでもなんでも良いので見せていただけますか?」
そこで、ケータイで価格.COMのページを見せる。
店「なるほど、ちょっと上の者と話してきます。」

3分後
店「それじゃあ今お決めくださるなら、53000円でポイントなしということでどうですか?」
僕「じゃあそれでお願いします。」

値引きが難しいと思われていたヨドバシで17000円近くも値引いてもらえた。店員さん、ありがと~。
これでも価格.COMよりはちょっと高いけど、在庫確認でドキドキしなくてもいいし、なにより今週末に間に合ってよかった。

さっそくD70sに装着。
思ったより軽いな。
ぁあ、これだけ画角が広ければ大丈夫。これで広角から望遠まで一応一通りOKになった。

描写は、ん~どうだろ?
確かにきれいだし、コントラスト高いけど、24-120mmのソフトな描写にようやく慣れてきたから、ちょっと違和感があった。

もう少し慣れてきたら仕上がり設定をカスタマイズしてみよう。

theme : ★カメラ&レンズ・機材
genre : 写真

 2007-01-14 Sun 23:58  

世界遺産からのSOS〔写真・映像〕展@池袋西武

                  
今日は池袋西武のイルムス館で開催されていた世界遺産からのSOS〔写真・映像〕展に行ってきた。これは昨年5月のそごう千葉店を皮切りに日本全国を巡回しての開催となったユネスコ、NHK、毎日新聞社が主催のもので、アジアの危機遺産を紹介し、「私たちに何ができるのか」「何をしなければならないのか」を問いかける内容となっている。

      sekaiisan.jpg

まず入るとこれでもかと言うくらいの大きい音量でNHK世界遺産のミュージックが流れていた。もちっと静かに見させてくれ。

・・・とまぁそれはおいといて・・・
まずは記憶に新しい、アフガニスタンのバーミヤン遺跡。2001年3月にタリバンによって爆破された大仏の在りし日の写真から。
1500年近くにわたって守られてきた先祖からの遺産を、世界からの反対にも耳を貸さずに爆破したタリバンに改めて怒りを覚えたと同時に、ある映画監督が「バーミヤンの石仏は、破壊されたのではない。この世界に対して無力であったことを嘆いて自ら崩れた」という旨のことを言っていたと言う話を思い出した。
信仰に対する想いが行き過ぎた結果と、それに対して「なぜこの石仏を守らなくてはいけないか?」「どのような想いでこの石仏を作ったのか」という気持ちが石仏と共に後世に伝わらなかったのもあるのではないだろうか?改めて形だけ残すのではなく、その精神も後の世に伝えていくことの重要さを感じた。

次にイランのアルゲ・バム城砦。ここは3年ほど前に大地震によって崩れ去ったが、印象深かったのはそこで流れていた映像。この城砦を守るために修復職人が大切に守ってきたものが自然災害によって一瞬に崩れ去った。だが、彼らはデジタルアーカイブによって後世にこの城砦を残し、また修復に向かおうとしている。この姿勢には思わず頭が下がった。彼らの熱意が伝わってきたし、すべてをアッラーの思し召しと受け止め、未来に進んでいこうとしている姿に感動した。

3番目にフィリピンのコルディリェーラの棚田。1995年に文化遺産に指定されるが皮肉なことにこれが棚田を崩壊させる遠因となってしまった。観光客が押し寄せ、これに対応して棚田を捨て、より儲かる観光物産の販売などに若者が増加してしまった。結果、棚田の存続が困難になってしまっているという。
山からの水によって棚田が潤い、そこで育てた作物を食べ、また土に返る。その養分を吸った水が再び棚田に流れるという人間と自然が見事に共存した循環システムは、過去から受け継いだ偉大な智慧だと思う。これをこれからの国の運営システムに生かすことはできないだろうか?

4番目はネパールのカトマンズ。かつてシャングリラ(桃源郷)と呼ばれたここも、近年では環境破壊が進んでいるという。人間の欲望というのは恐ろしいものだ。自然だけでなく、かつて自分たちが作ったものまで破壊してしまう。

最後にカンボジアのアンコール遺跡。ここは僕は戦場カメラマンの一ノ瀬泰造が亡くなった場所ということでよく知っていた。ここが危機遺産に入っているのは知らなかった。国際援助や修復作業が進んでいると聞いていたが、観光地化が進んだことによって新たな危機を生んでいるという。
かつてポル・ポト政権によって遺跡保存の担当者のほとんどが殺されていたという現実にも驚かされた。

今回の写真展では、遺産はただ形だけ残せばいいわけではなく、作った人たちの想いも一緒に残さなくては意味がないのだと感じた。

写真の「残す」「伝える」という力の大きさを感じた。街の風景1枚を撮影するにしても、撮影者の気持ちがその写真には乗り移る。事実を事実のままに、ありのままに伝えることの難しさと、自分が撮った写真が自分の想いを越えて一人歩きしてしまうことの怖さを感じた。

theme : 写真展
genre : 写真

 2007-01-09 Tue 14:11  

SANDISK ULTRAIIの模倣品

                  
昨年の秋からSANDISKのULTRAIIに模倣品が出回ってるみたい。
自分も輸入版を浅草橋で購入して、1GBのものを2枚持っている。

●模倣品の特徴
  ①Yahoo!オークションでの出品が多い
  ②パッケージの右下にレ点付で「LIFETIME WARRNATY(永久保証)」の文字がない。または塗りつぶされている。
  ③ノートPCで、PCカードにCFをセットし、マイコンピュータでマウス右クリック、管理選択でデバイスマネージャを選択し、ディスクドライブに出て来る表示を見る。
   →そこに出てくる文字が「SanDisk」もしくは「SDCFH」以外だと模倣品。(「HYPERSTONE」と表示される場合が多い)
  ④カードにシリアル番号が記載されていない、もしくは同一シリアル番号が複数枚数にわたり記載されている。
  ⑤カードの表裏共、金属プレート部の形状が、正規品は四隅が丸くなっているが、偽物は下の左右は丸いが上の左右は角になっている。


また、国内版と海外版の違いは、国内版だと日本で永久保証がつきますが、海外版は日本国内では永久保証が受けられない可能性があります。

幸いなことに、自分のCFは本物でした。ただ、輸入版なので永久保証が受けられないけど。

【参考記事】
・All About "SanDisk ultraII にも偽物が存在した!"

theme : ★カメラ&レンズ・機材
genre : 写真

 2007-01-04 Thu 22:28  

モニタとプリンタの色のマッチング

                  
今までちょっとほったらかしにしていたが、改めてプリンタのマッチングをしてみた。

モニタの色補正については1年くらい前まではAdobeGammaを使用していたが、いろいろな人に写真を見せる機会も増えたこともあり、4ヶ月くらい前にモニタのキャリブレーションツールを購入した。と言ってもお金もあんまりないので一番廉価な
Huey(恒陽社が輸入・販売しているgretagmacbeth社の製品)
http://www.koyoshagraphics.com/huey/index.html
を購入した。1万円ちょっとだったかな?
最近あんまり色をいじってなかったので、改めてキャリブレーションしなおした。
DSC_0001.jpg


キャリブレーションした結果は
「なに、これ?!明らかに赤いじゃん」
だったが、気を取り直して受光部をモニタに押し付けるようにして周りからの光が入らないようにして再度チャレンジ。
「ま、こんなもんかな・・・」
若干コントラストが低いような気もするが、どれが正しいかなんてわからない。これでよしとするか。

お次はプリンタの色調整。
プリンタはEPSONのPX-G5000を使用している。

DSC_0002.jpg


まずはノーマルでプリントしてみた。
・・・明らかに暗い。
印刷設定から手動設定を選ぶ。そこで明度やコントラスト、その他の色などを調整していく。

・・・・・・
3時間後。
・・・・・・
ようやくモニタにかなり近い色が来た。これでしばらくはいけるかな。

気持ち的にもようやく新年を迎えた気がする。

theme : ★フォトレタッチ&画像処理
genre : 写真

 2007-01-02 Tue 20:31  

浅草寺で初詣

                  
今日は起きたらもう午後3時。
仕事の疲れも吹っ飛ぶね。

で、夕方からうちの犬のガブくんと一緒に浅草寺に初詣に行ってきました。
さすがに元旦じゃないせいか雷門通りもスムーズに進め、あっという間に参拝完了~♪

帰りに何軒か露店をのぞく。

DSC_0022.jpg


今年はどんな年になるんだろう?
自分としては写真を生業にすることにいまだに未練がある。でも生活がそれを許さないのと、自分の中で踏ん切りがなかなかつかない。

今年はなにかしらの結論を出せればいいな。

theme : 写真日記
genre : 写真

Now!
現在時刻





総記事数:


カレンダー&アーカイブ(Tree)
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 
プロフィール

こぉらす

  • Author:こぉらす
  • ブログ開設:2006年11月1日

    最近は山よりも街の写真が増えてきています。
    ホームタウンの墨田・台東エリアを中心に、下町や山の魅力をお伝えします。

    【DIGITAL CAMERA】
    NIKON D750
    OLYMPUS E-PL5

    【FILM CAMERA】
    NIKON F
    NIKON F100
    Hasselblad 500C/M

    【Hasselblad lens】
    CF Distagon 60mm/f3.5

    【Nikon F-mount】
    AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
    AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
    AF-S VR Zoom-Nikkor 70-300mm f/4.5-5.6G
    CarlZeiss Distagon T* 2/35 ZF.2
    CarlZeiss Planar T* 1.4/50 ZF.2
    COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLIIN

    【OLYMPUS m4/3-mount】
    M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm/F3.5-5.6EZ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。